現在、Diageo社のグループ微生物学者であるDaniel Kerruish博士の低温殺菌に関するゲスト講演に(仮想的に)参加しています。

彼は、小規模なクラフトビール醸造所にとっての低温殺菌は、「上からのおまけ」のようなもので、使用するホップの量やクラフトビールのABVが比較的高いことから、衛生管理が適切に行われている限り、低温殺菌は実際には必要ないと指摘しています。

低温殺菌は小規模な醸造所にとっては制限的に高価であり、技術は電力を必要とする傾向があるため、持続可能性に焦点を当てた醸造所には向いていません。


Categories:

インタラクション

このサイトでは、webmentionsや「cactus chat」のmatrixを使って交流することができます( 現在、機能していません)。ゲスト(ログインしていない人)のコメントはまだできませんが、matrixメールでご連絡ください。

|

また、webmentionが可能なウェブサイトをお持ちでない場合は、以下のコメントパレードフォームを使ってメッセージを残すこともできます。

Comment Parade

以下をコピーして、以下のURLフィールドに貼り付けてください。https://jon.kelbie.scot/jp/note/2021/01/600593fd/

順調に進んでいますが、インタラクションが表示されるまでに数分かかります、グレムリンの影響でもっとかかるかもしれません。