始まりの終わり

醸造日#9のメモ
ブログ: Brewshido
カテゴリー: 1分間の読み取り
タグ:

TLDR: 今年最初の醸造日がパイプの詰まりで失敗したので、今回は短い記事になります。しかし、このサイトは主に私の醸造の経験と教訓の日記であることから、これを除外するのは私の不注意です。

私の9回目の自家製ビール作りは、Euan FergusonのCraft Brew から引用したもので、同書に掲載されているWilliam Bros の80/-のレシピとほぼ同じものです。William Bros は、私の叔母の故郷であり、醸造の伝統を持つ町でもあるAlloa のクラフトビールメーカーで、私はなぜか80シリングを連想してしまいます。

ホップはGoldings 5.2% (パーセンテージはα酸の量を示す)、酵母はWhite Labs Edinburgh Scottish Ale Yeast (WLP028)を使用しました(未使用ですが、使用したはずです)。

このレシピで気になったのは、各段階での水や麦汁の量が記載されていないことと、推奨される方法が示されていないことでした。そのため、これまでの醸造経験に基づいて醸造日の計画を立て、それがうまくいくことを期待しました。

醸造日はいつもより少し整理されていませんでしたが、煮沸後、コニカルファーメンターに移す前に麦汁を急速に冷やす時までは、順調に進みました。グレインファーザーの金属製の循環パイプが邪魔な穀物で塞がれてしまい、沸騰した高温の麦汁をカウンターフローチラーで押し出すことができませんでした。また、パイプの中には沸騰した高温の麦汁が入っており、私は耐熱性の手袋を持っていなかったので、麦汁がより適切な温度に冷えるまで調査や修正をすることができませんでした。麦汁が冷めるまでに数時間かかり、その日は失敗に終わってしまいました。麦汁を自然に冷やしてしまうと、硫化ジメチルが発生する危険性が非常に高くなり、非常に不愉快なビールになってしまうのです。

イライラしていた私は、グレインファーザーの一連の問題を受けて、すぐにグレインファーザーを交換しようと決めていました。しかし、数時間かけて自然に冷静になると、数百ポンドもかけて交換することを考えました。穀物がパイプに入り込んでしまうのは既知の問題で、顧客からのフィードバックを受けて、これを抑制するための新しいフィルターが作られました。16ポンドだったので購入しました。これでオーバーフローした穀物がマッシュパイプやマッシュタンの底の麦汁に入り込むのを防ぐことができ、循環パイプに入り込む穀物の量を減らすことができるはずです(ただし、#10の醸造日に50分のマッシュの間、このフィルターを固定しなければならなかったことを考えると、もう少しうまく設計できたのではないかと思います。

しかし、さらにリスクがあります。本体のインナースリーブはマッシュタンとの間に隙間がありますが(これは必要です)、広い容器(大きなスープポットなど)から穀物を注ぐと、一部の穀物がスリーブとマッシュタンの壁の間に落ちて底の麦汁に入り、再循環パイプに送られてしまう危険性があります。しかし、追加のフィルターはマッシュ中にこれらを捕らえるはずです。私は(#10の醸造の途中で)、500mlの小さな水差しを使って穀物を鍋から槽に移すようにプロセスを変更しました。また、バックアップとして耐熱性の手袋を注文する必要があります。

とにかく、(いつものように)この記事の下書きを書いているとき、私は再び醸造していました。上記と同じレシピですが、透明なパイプ、新しい仮設のフィルター、より整理されたスタート、そしてマッシュインの段階での注意が必要でした。幸運を祈ります。



インタラクション

このサイトでは、webmentionsや「cactus chat」のmatrixを使って交流することができます( 現在、機能していません)。ゲスト(ログインしていない人)のコメントはまだできませんが、matrixメールでご連絡ください。

|

また、webmentionが可能なウェブサイトをお持ちでない場合は、以下のコメントパレードフォームを使ってメッセージを残すこともできます。

Comment Parade

以下をコピーして、以下のURLフィールドに貼り付けてください。https://jon.kelbie.scot/jp/article/end-of-the-beginning/

順調に進んでいますが、インタラクションが表示されるまでに数分かかります、グレムリンの影響でもっとかかるかもしれません。